勤務時代

体験記

卒業がゴールでなく、卒業を最高のスタートに

日々の教育活動はもちろんですが 日々、多くの先生方が目の前の児童・生徒に対して、「他の模範となるような行動をしてほしい」、「学力向上させたい」など様々な思いをもって接しておられると思います。 ...
体験記

【教員】底辺校での経験は、最強のマインドを生み出す

教員として底辺校勤務は最悪の事態か? 授業成立は考えられない 授業が始まり、生徒は全員席に着き、机上には教科書、ノート、筆記用具が準備されている。ある生徒のノートには、予習の跡がみられる。そん...
体験記

教員のレジリエンスは、今も昔も必要不可欠

レジリエンスという言葉 回復力や復元力、弾力性とも訳される、ストレスといった外的な刺激に対しての柔軟性を表す言葉です。 社会人であれば、このレジリエンスは備えて然るべきものであると私は考え...
体験記

定期試験の課し方に持論はありますか?

定期試験は先生も生徒も大変なもの 定期試験が近くなると、生徒(保護者も含め)は、「そろそろ定期試験かヤバイなぁ。嫌だなぁ。勉強しなきゃなぁ」と思い始めるかと思います。塾に通っていれば、成績アップ...
体験記

宿題を課すときに基準を設けていますか

連休には宿題を課す 恐らく、連休が近づくと先生方は「宿題は何にしようかなあ」と考えだすと思います。 生徒もわかってくると、事前に「先生!連休の宿題はありますか?」と聞いてくると思います。 ...
体験記

我流:話術を磨く方法~実践編~

考え方編からの続き 考え方編の内容はいかがだったでしょうか。 もちろんそれだけがすべてではありません。 それに教員養成時代に、仲間の前だったり、教授の前だったりと意見や授業を聞いても...
体験記

新学期~授業開きに備えて~中・高向け

担任はもたないけど、いろいろなクラスに出ることになった 中・高では教科担任制です。そして当たり前に、他学年に出たり、同学年を何クラスも受け持ったり、支援学級を担当したりします。 学年に...
体験記

新学期~学級開きに備えて~

新学期に向けて~期待と不安はあります~ 今年は、どんな生徒と出会えるのだろうか。どんなクラスになるだろうか。あのクラスにいたあの生徒を受け持つから、こう指導したいな。 この時期には、初めて...
体験記

準備が8割、実行が2割は授業でも同じ

忙しくて、授業の準備は後回し 学校ではたらき始めると、常にこの問題に直面します。 ですが、いくら生徒との関係を授業以外でつくろうと思っても、結局「時間が・・・」空き時間があれば、「...
体験記

我流:話術を磨く方法~考え方編~

授業内容だけをしっかりさせようとするとつまらなくなる  突然ですが、ラジオのNHK第二放送の高校講座をお聞きになったことがあるでしょうか? 聞いたことがある方ならわかるのですが、  ...